Enjoy my natural life           

自由と平和と冷え取りと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

体と心の声に従う1日

昨日は特に予定が入っていませんでした。

相変わらず体の冷えと疲れを感じたので、午前中はゆっくりとこんにゃく湿布をすることにしました。

こんにゃく2枚を10分ゆでて、タオルに包みます。

布団にうつぶせになって、タオルに包んだこんにゃくを腰に当てます。

30分くらいのんびりして、次はお腹です。

特に腰に当てた時は腎臓が温まって喜んでいるような感じがしました。

その間、足先は湯たんぽで温めていました。

体が内側から温まって緩んで、幸せな時間でした。

午後はスポーツクラブに行こうかそれとも家でゆっくりしようかと思っていたのですが、窓を開けて外の空気に触れた時に「自然の中に行きたい!」と思いました。

こんな体にいいことをしておきながら、お昼ご飯はカップうどんを食べて、とりあえず海に向かって出発することにしました。

体が緩みきっていて運転できるのか?時間はあるのか?

疑問はあるけれど、あまり深く考えず、行けるところまで行ってみることにしました。

海が見たいと思った時にいつも目指すのは西幡豆海岸cafe oceanです。

多分家から30km弱あると思うんだけど、運転も問題なく、意外とスムーズにたどり着きました。

ランチのお客さんでいっぱいだったけれど、冷え取りに関することが載っている雑誌マーママガジンがあったので、読んでいたらあっという間に時間が経ってしまいました。

海が見えるソファーの席に座ることができ、ケーキとチャイをいただいてご満悦!

デザートセットになるドリンクを選べば、もう少し安くなったんだけど、せっかくだから食べたい物と飲みたい物を選びます。

thumbnail_IMG_0307.jpg

のんびりくつろいで、マーママガジンを心ゆくまで読んで、家路につくことにしました。

駐車場から出たところで車内から写真をパチリ。

thumbnail_IMG_0308.jpg

ドームの建物がcafe oceanです。

とにかく体と心が喜んでいる1日でした。

「海が見たい」と思ったら意外と気軽に行けることが分かりました。

また行きたいな。

スポンサーサイト

PageTop

冷えを感じる体

最近、左足の指先と腰に冷えを感じます。

冷え取り健康法を始める前はいつも「足が全体的に冷えている」「寒い」と感じていました。

こんな微妙な冷えを感じることはありませんでした。

「ちょっと調子が悪いな」とか「私、疲れているかも」などということに敏感になってきました。

以前は心や体が繊細で敏感なのは面倒なことが多いと思っていました。

薬で症状を抑えている時と本当に完治して治った時の違いも分かりませんでした。

でもこうやってちょっとずつ自分の体に対して敏感になってくると、本当の意味での心地よさが分かってきます。

本当に体が喜んでいることを知識じゃなくて体感すると、自分を信じて行動できるようになってきます。

以前アロマのボディケアを色々な方にさせていただいていた頃のことを思い出しました。

「特に疲れてはいない」とおっしゃる方に限って背中や腰がすごく張っていて、もみほぐしてもなかなかほぐれない程、体が疲れていらっしゃることに気付きました。

疲れが慢性化しすぎて、それを感じられないほどになってしまっているのだなと思いました。

辛さを感じるのは不快なことです。

でも敢えて不快さを感じることで、本当の快適さが分かるのだと思います。

冷え取り健康法を始めて、夏に素足という普通の人が普通にしていることを不快に感じるようになってしまい、ある意味不便さを感じていました。

でも一般的な常識とは違っても自分の体の声を聴いて、正直になれることは幸せだと今は思っています。

PageTop

季節の変わり目

週末から寝ても寝ても眠いです。

春に体調を崩しやすい私・・・。

冬の間は寒くても色々頑張ってしまうので小休止の季節かなと思います。

靴下は相変わらずビリビリ破れます。

関節や胃、体の弱い部分がしくしく痛みます。

そういえば週末は春の土用入りでした。

土用は季節の変わり目でデトックスの時期のようです。

昨年も土用の間、熱を出し、あちこちが痛みました。

でもすぎてしまえば、すっきり。

すべて毒だしだと思って、無理せずゆっくりします。

私が元気になったら、震災にあった方々に対して、できることをみつけて小さくても行動したいです。

今は焦らず、情報に振り回されず、自分自身を整えます。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。